高脂血症の基準値とサプリメント

 

高脂血症改善サプリメント

高脂血症の解消効果を謳うサプリメントも数多く存在しています。

 

高脂血症では基本的に過剰な種類の脂肪の吸収や体内での分泌を抑えることができればゆるやかに症状や合併症のリスクは低下していくため、コレステロールや中性脂肪の消化吸収を阻害したり、体内での分泌を抑制する効果のある成分を含んだサプリメントが売られています。

 

自然素材の中でそういった有効な効果が期待できるものに「紅麹」があり、紅麹には体内でのコレステロール合成を抑制する効果があると言われているため、高脂血症解消のための機能性食品として用いられたり、サプリメントの原料として用いられたりしています。

 

また、コレステロールの関わる高脂血症には、LDL(悪玉コレステロール)が高いだけでなく、HDL(善玉コレステロール)が低いものもあり、そもそも低HDLは高LDL状態を招きやすいため高LDLと同じように低HDLも良くない状態です。

 

大豆タンパクにはKDKを下げながらHDLを上昇させる効果があり、高コレステロール血症の解消には非常に重要な成分であるため、大豆タンパクを配合したサプリメントも多く販売されており、高脂血症解消に有用性が高いものとして認識されています。

 

同じような効果のある成分にキトサンや植物ステロールなどもあります。

 

ただ、基本的には高脂血症は食生活を見なおせば改善できるものです。サプリメントに頼るよりまずは食生活を改善し脂質のとりすぎを見直すべきでしょう。

 

そもそも高脂血症って?

 

生活習慣病が大きく取り沙汰されるようになり、それらを誘引する要素としてメタボリックシンドロームも大きく注目を集めています。

 

高脂血症はそんなメタボリックシンドロームを構成する要素の一つで、名前の通り血液中の脂肪の類が基準値より高い状態を指します。正確には、血中の中性脂肪・リン脂肪・善玉コレステロール・悪玉コレステロールのいずれかが基準値を超えていると高脂血症と診断されることになります。

 

高脂血症は血液中に脂質の類が多く含まれるため、血液に乗って各種内臓にも脂質が届けられることになります。そのため、内臓が脂肪まみれになる病気、例えば脂肪肝の直接の原因にもなりますし、コレステロール量の高いドロドロ血液はすぐに血栓ができ、心臓の血管が詰まり心臓細胞が壊死してしまう致命的な疾患である心筋梗塞の発生リスクを高めたりと様々な健康上の問題があります。

 

高脂血症は遺伝の要素は少なく、とにかく生活習慣に問題がある人に頻発しています。脂質摂取量が多い、消費量より多くカロリーを摂取している、全く運動していないなどの人に多く見られ、いわば起きるべくして起きている疾病と言うことができます。

 

高脂血症は整った生活習慣でほぼ解消・予防できるものですから、高脂血症の実態と怖さを知り、生活習慣を整える手立てを今すぐ取るべきです。

 

高脂血症の合併症の多くは不可逆な破壊が起こり、一生治らないものです。ですから、そうなるまえに高脂血症を解消しましょう。