高脂血症の治療薬

高脂血症の治療薬

高脂血症は基本的に生活習慣の改善によって治していくものですが、すでに合併症が進行していて命にかかわるような状況の場合、悠長なことは言っていられません。この場合、直接血中のコレステロールや中性脂肪などを下げるための投薬が行われます。

 

どんな薬が使われるかは高脂血症の種類、つまり中性脂肪が高いのかコレステロール(LDL)が高いのかによります。コレステロールが高い高コレステロール血症の場合はHMG-CoA還元酵素阻害剤や陰イオン交換樹脂などのカテゴリに属する薬が選択され、コレステロール値の一時的な低減が図られます。

 

これらは血中コレステロール値を下げるだけでなく、それによって引き起こされる動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などの発症リスクも一時的に下げる効果があるため、これらの合併症が進行している場合積極的に投与されます。

 

また中性脂肪値が高い場合にはフィブラート系薬剤やニコチン酸製剤などが選択され、中性脂肪を一時的に低減させます。

 

高脂血症の場合、進行具合や合併症の有無・状態を見ながら投薬が決定されます。言い換えれば、高脂血症の治療において投薬が行われる場合、状態はかなり悪いと言うことができます。

 

高脂血症ではできるだけ投薬に依らず解消できるよう、生活習慣をきちんと見直し、時間を見つけては運動などを可能な範囲で行い、できるだけ自分の力で高脂血症を解消するようにするべきです。

 

投薬によって一時的にコレステロールや中性脂肪を下げても、生活習慣が悪ければすぐにこれらの値も上がってしまうのですから。

 

しかし、投薬、つまり、薬の副作用が気になり薬の治療を避けたい場合には、食事や健康食品(サプリメント)などで改善する必要があります。高脂血症の原因となる中性脂肪やコレステロールの増えすぎは肝臓の解毒作用がしっかりと働いていない原因も考えられます。

 

ですから肝臓の機能を高める栄養素も意識的に摂取するようにしましょう。