高脂血症に良い食事

高脂血症に良い食事

高脂血症の予防や解消のための食事を考える場合、ある程度効果的なツボを抑えることで無理せずストレスを溜めずに高脂血症に効果的な食事を行うことができます。

 

高脂血症に効果的な成分・食材はいくつかありますが、特に注目したいものは「食物繊維」です。

 

食物繊維は同時に摂取した脂質の一部を絡めとり、消化吸収させずに排出させる効果を持っています。そのため、食事に積極的に食物繊維を豊富に含んだ食材を取り入れることで効果的に脂質摂取量の低減が行えるというわけです。

 

炒めものや煮物にゴボウやにんじんを取り入れるメニューは昔から多くあると思いますが、高脂血症改善の観点から見ても非常に理にかなったものです。

 

また、これらの根菜類が苦手な人にオススメなのが長芋などの食材です。これをすりおろしたとろろを上手に使うことで意識せずに食物繊維が多く摂取でき、脂質の必要以上の消化吸収を防ぎます。これらは解毒作用のある食べ物としても効果的です。

 

具体的には、とろろをハンバーグのタネに混ぜたり、オムレツの卵に混ぜて調理することで体にいいだけでなく仕上がりがフワフワになり、食感にも見た目にも良いものです。

 

あとは、肉の部位もできるだけ脂質の少ない部位を使うことです。特に鶏の胸肉(皮なし)やササミは低脂質高タンパクで知られ、調理法もお湯でゆでてポン酢をかけて食べるなど油を使わない調理に向く優れた食材です。食事に積極的に取り入れていきたい食材と言えるでしょう。