高脂血症の種類

高脂血症の種類

高脂血症は血中の脂質の類が高い値になった状態です。

 

そしてその中でも何が高いのかによって種類が異なり、発生しやすい合併症も変わってきますし、解消法・予防法も違います。従って、高脂血症と診断された方は具体的に何が過剰で高脂血症と診断されたのかを知っておく必要があります。

 

最も馴染み深く、また合併症も発生しやすい高脂血症として高コレステロール血症が挙げられます。

 

高コレステロール血症はコレステロールの中でも俗に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLの血中の値が高い状態を指し、コレステロールに起因する様々な血管病・心臓病の原因となる非常に危険な状態と言えます。

 

具体的には、コレステロールが血管壁にこびりつき血管を狭くし、また柔軟性を失わせ硬く狭い血管になってしまう動脈硬化、またコレステロールと血管壁からでたカスなどが血栓を形成し、狭くなった血管に詰まり詰まった先の組織を壊死させてしまう心筋梗塞や脳梗塞などの主原因となるのです。

 

そのため、高脂血症の中でも高コレステロール血症は特に注意が必要と言えます。

 

その他、逆に善玉コレステロールと呼ばれるHDK値が基準値より低いものは低HDL血症と呼ばれ、低HDLはLDLの増加を招き、前述の高コレステロール血症を引き起こす原因となり得るため注意が必要です。

 

血液検査をした場合はまずコレステロール関連の値をチェックし、高コレステロール血症ではないか、あるいはそれが起こりやすいリスクが無いかなどを確認する必要があります。